美味しくサスティナブルな町のパン屋
– pain presso –

  1. インテリア

 JR逗子駅西口から徒歩5分、美味しく、サスティナブルなパン屋「pain presso」(パンプレッソ )を計画しました。

「pain presso」はフランス語で「pain:パン」とイタリア語の「presso:すぐそばに」の造語で、
お客さまの日々の食卓を彩るパン、身近でありながら、長年フランスやイタリアのブランドで修行した店主ならではの
オリジナルな味わいのあるパンをお届けするという願いを込められ、ロゴもデザインした。

私たちはターゲットと地元に住む方々を想定し、ナチュラルでパンが浮き出てくるような空間を計画した。
木材はヒノキを採用し、店内に入った瞬間にパンと木材の香りに包まれる。店内には環境に配慮した天然系の塗料で仕上げ、
自然を傷つけない配慮した。

「pain presso」は美味しいはもちろん、サスティナブル ( 持続可能 ) の観点でも厳選した素材を使用したパンを提供しています。将来的にはパッケージフリーを見据え、徐々に準備に入っています。

また店舗の前にはコンポストを置き、パンを作る過程で出た生ゴミをそのまま廃棄物として捨てるのではなく、
コンポストに入れ、土に混ぜ混むことで微生物が分解をして、堆肥として土作りに使えるようになります。
このコンポストは店舗の入っているビルで運用していき、小さいながらもコミュニティコンポストとして使用していきます。

パンを愛する店主だからこそ、 地域密着でたくさんの方に愛される場になるよう願いを込めて。

pain presso

用途
パン屋
場所
JR横須賀線 逗子駅
竣工
2021年5月
構造
木造
階数
1階
実績の画像
実績の画像
実績の画像
実績の画像
実績の画像
実績の画像